呼吸を整える

ウオーミングアップやクーリングダウンをめんどうがらずに励府すれば、 運動による障害は大幅に予防できますが、万が一、体のどこかに痛みが出たり したときに備えて、冷やしたり、あたためたりといった簡単な療法や、自分でできるスポー ツマッサージなどを身につけておくとなおいっそう安全です。

運動する時間帯

また運動する時間帯としては、血圧などの身体機能が安定している午後がおすすめです。

午前中、特に起床して間もなくは、体が十分に目覚めきっていないので避けてください。

なお、疲労ぎみであったり、睡眠不足や二日酔い、カゼ、月経不順であったりするときには、 いさぎよく運動を中止する勇気を持つこともたいせつです。こういうときは、適切で、すばやい判断 ができなかったり、転倒や衝突を避けるような動作をとりにくかったりするからです。

三日坊主防止にトレーナー

運動はつづけることがたいせつです三日坊主防止にトレーナーにつくのも手ですね。

運動を行ううえでたいせつなことは、以前でもふれたように継続することです。

では、三日坊主に終わらないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

一つには、できれば運動のやり方を指導してくれる専門家、いわゆるトレーナーにつくことです。

具体的にどうすればいいかというと、スポーツクラブや、カルチャーセンターなどのスポーツ講座 に加入するのです。そうすれば、お金を払った関係上ある程度強制的に運動が実行されることにな ります。

しかも、専門家が指導してくれるので、運動のしすぎを防ぐことができるという利点もあ ります。

最新ヤフーニュース